USBスティックとして安全な方法であなたのリモート・デスクトップへアクセス

Rohos Logon Key はリモートデスクトップ接続プログラムと一緒に作動しながらハードウェア的なUSBトークンを利用してあなたのリモートデスクトップにログインするようにします(二要素認証ソリューション)。

Rohos Logon Key は任意のUSBドライブをあなたのコンピューター用のセキュリティートークンに転換してWindowsログインのかわりにUSBフラッシュドライブとして安全な方法でWindowsへアクセスする。

作動方法

Rohos Logon Key はWindows Terminal Servicesのログインスクリーンと統合されています (Windows XP/ 2003/ Vista/ 2008)。これは既存のアクセス制御基盤に二要素認証レベルを追加させて動作します。配置した後にユーザーはUSBスティック ログインを利用してローカル及びリモート両方のセッションでサイン・インすることができます。これは便利で安全なパスワードかわりのソリューションであります:

  • ユーザーは追加のソフトウェアについて学ぶ必要がない
  • ユーザーはログインでUSBフラッシュドライブ(管理者として既に設定された)を使うだけです
  • もしUSBフラッシュドライブをログオンキーとして利用しているとあなたがログインするすべてのコンピューターにそれを設置する必要がない
  • これはUSBスティックに貯蔵した長いパスワードとしてより高いセキュリティーレベルを提供する
  • PINコードを利用して二要素認証を提供する

それを設定する方法を次で読みましょう。

USBキーとしてRDPログインする方法:

USBキーとしてリモートデスクトップにログインするためには15日試用バージョンのRohos Logon Keyをダウンロードすることができます。ダウンロード

試みるTerminal ServerのコンピュータとしてはWindows XP Pro/ Windows 2003/ Windows Vista または Windows 2008 Serverでなければなりません。

方法:

  1. Rohos Logon Key をTerminal Serverのコンピューターにインストールする (再起動が必要)。プログラムを実行してUSB・キーをセットアップする。サーバ・コンピューターにRohosを設置するのは100%安全です。
    Rohosは他の‘ログオン’ソフトウェアがするようにMsGINA.dll (又は NWGina.dll、その他。)の認証コンポーネントを取り替えない。これはあなたのWindowsサーバが確実であろうのを担保する。
  2. Rohos Logon Key > Configure Options(構成オプション)を開けてWindowsログオン・モデルが次のかを確認する
    -Windows XP/ 2003の場合は”Typical Windows login (msgina.dll)”(代表的なWindowsログイン)
    -Windows Vista/2008の場合は”Rohos Credential Provider”(Rohos信任状提供者)
  3. プログラムを実行してUSB・キーををセットアップする。
  4. RDC元の任意のクライアント・コンピューターにも(MSIパッケージを利用して).Rohos Logon Keyをインストールする。再起動は不必要です。

最初のログイン:

今はクライアントコンピューターからリモート・デスクトップの接続を実行することができます。それが青いRohosのUSBキーアイコンを持っていることを確認します。USBスティックをローカルPCに挿入するとユーザーパスワード情報がリモートセッションに転送されます。

Windows 2003 Terminal Serverのログイン

Windows Vista Terminal Serverのログイン


あなたがログインするコンピューターにRohos Logon Keyを設置したくない場合には

この場合にはRohosのリモートログインコンポーネントをUSBスティックにコピーしなければなりません。USBスティック内にリモートデスクトップコンポーネントを持つUSBキーをセットアップするためには“Remote Desktop”(リモートデスクトップ)ボタンを利用します。

注意: あなたにネットワーク環境に合わせてUSB・キーにユーザーのプロフィールを正確にセットアップしなければなりません。これをユーザー・プロフィール編集機のダイアログですることができます。より詳しい情報はここで…

注意: Windows Terminal Server 又は Windows XP にリモートデスクトップログインするUSBキーとして利用する計画であればWindows Terminal Serverのコンピューター又はWindows XPのコンピューターの名前が“Domain”(ドメイン)フィールドに存在しなければなりません。

プログラムはUSBキーに(キーリストファイルから)登録キーを自動的に貯蔵するから、ユーザーが自分のコンピューターから最初にログインする時にクライアントのコンピューター上のプログラムが登録されたものになります。

 

ユーザーがリモート・デスクトップにアクセスする元の任意のWindows 2000/XPのコンピューターの上では“Welcome (RDP setup)”(RDPのセットアップへようこそ)のアプリケーションで始めなければなりません。次にはRohos・ログイン・プラグインを適用するためにリモート・デスクトップのアプリケーションを再起動しなければなりません。

Rohos 製品